〜making an eyelid having a fold 〜二重をつくる一重の記録

金沢大学修士2年物質化学専攻。#有機化学 #国際協力 #ソーシャルビジネス #双極性障害 #休学 #パラレルキャリア

人生の大事なものはどん底に落ちていると本に書いてあった。

f:id:futafuta0637:20180828000305p:plain

こんにちは。

何気なく手に取った本に表題のことが書いてありました。

「人生の大事なことはどん底に落ちている」と。

 

うつ病どん底で確かに大事なことは過去に見つけました。

ちなみに今は薄暗闇ぐらいです。

 

ただ、留学がポシャりそうなうです。

正確にいうと、トビタテでの留学がポシャりそうな感じです。

限りなく赤信号に近い黄色信号というところでしょうか。

 

受け入れ機関が見つからない問題発生中です。

渡航予定2ヶ月きってます。

 

自団体のNPOでの留学がトビタテの規格的にあてはまらなくて

新たに探さなくては行けなくなって、

インターン選考を受けたものの、

これは自分の問題ですが、

準備が不十分だったり、単純な力不足だったり、期間が3ヶ月で短いなど、

なかなか上手くいかないです。

 

もしかしたら、2ヶ月あるんだから全然やばくないだろ!

と思う人もいるかもしれませんが、

経験がないのでかなりやばいと思っています。

 

そんなわけで、まだ可能性がなくなったわけではありませんが、

受け入れ期間が見つからなかった場合の対応策を考え始めています。

 

【対応策その①】

自費(というか親のお金)でアフリカに強行渡航

現時点で自団体NPOには安全を保証できる家がないため、

スワヒリ語の語学学校に入って、午後とか空いた時間にNPOの活動をやるイメージです。

安く見積もっても、語学学校代+学生寮渡航費+生活費で

3ヶ月60万円以上はかかります。

それに加えて、トビタテもらうために卒業時期伸ばしているので

半年分の学費も余分な費用として発生します。

ただ当初から思っていたやりたいことができます。

 

 

【対応策その②】

留学行く行く詐欺からの研究継続パターン。

一番お金がかからない。

そして、今少し研究が面白くなってきたところであったりします。

割と結果も出てきて、やりたいこともあるにはあります。

論文自分で書くこと目標に3ヶ月頑張ってみるのもありかもしれないなーと・・・

 

【対応策その③】

留学行く行く詐欺からの金沢でのインターンまたは国内インターン

見つかるかわからないけど、

人づてとかでインターンできたら、学生の3ヶ月は少なくとも有意義に使えるのでは?

あまり今は考えていないけど。

 

 

とはいえ、どれも釈然としない。

可能性の薄めなトビタテ継続を信じて準備頑張りますー。

 

本当に自分バカだなーと実感する日々です。

そんな薄暗闇な今の日々からきらめくコインが見つかることを信じて・・

 

 

以上。お久しぶりです笑

ありがとうございました。