〜making an eyelid having a fold 〜二重をつくる一重の記録

金沢大学修士2年物質化学専攻。#有機化学 #国際協力 #ソーシャルビジネス #双極性障害 #休学 #パラレルキャリア

塩キャラメル発信論

f:id:futafuta0637:20180114210416j:plain

こんにちは。

今日は個人的になかなか人に認めてもらえないであろう持論。

「塩キャラメル発信論」を発表します。

 

これどういう事かというと、

終始聞こえが良く、完璧に着飾った言葉で溢れた発信をするよりも

時に程よく、耳障りの悪いことを正直にいった方が信頼してもらえるのではないかという考え方です。

 

 

 

僕は全て完璧な受け答えをしている人とか、

聞こえが良くて一切マイナス表現のない宣伝広告などをみると

嘘っぽく見えてしまいます。

適度にマイナスな情報を流してくれると、人間味を感じるし、

なによりあえてマイナスの情報を流しているという誠実さを感じます。

かえって信頼できるように思います。

 

それはまさに甘さの中に程よい塩味があり、甘さを引き立ててる塩キャラメルのよう(笑)

 

例えば、広報記事を作成したとします。

2つ例を挙げます。

 

例1

我々は〜の活動に尽力しています。

具体的に5つの地域で活動を開始しました。

住民からのサービスの平均満足度は75%と高い水準を達成しました 。

ある地域での満足度はなんと90%を記録しました。

この勢いのままさらなる発展を目指します。

みなさま応援よろしくお願いします。

 

例2

我々は〜の活動に尽力しています。

具体的には5つの地域で活動を開始しました。

住民からのサービスの平均満足度は75%と高い水準を達成しました。

しかし、村によって満足度には、ばらつきがあり

ある地域では苦戦を強いられていて満足度は55%でした。

原因を探求しそれぞれの地域にあったサービスを提供し、さらなる発展を目指します。

みなさま応援よろしくお願いします。

 

僕は例2のほうが好感がもてます。

しかし、一般には例1が採用される気がします。

なんかそこに個人的にはもやもやしてしまいます。

例2はマイナスの言葉に引っ張られてマイナスのイメージが植え付けらてしまう可能性も否めませんが、わざわざ組織の弱みを出しているその気構えに個人的には好感をもってしまいます。

 

きっと僕にはマイナスのものに引き寄せられる性質がありますね笑

 

 個人にしか責任が及ばない環境下。

例えば面接の時などにはあえてマイナスの情報を流すことを僕は無意識的にも意識的にもしています。

それで良く人から「その情報いらない」とか

「しっかり断言した方がいい」と言われます。

その度にしぶしぶ直しているのですが、なんか嫌だな〜と思っています。

 

 

ただ現在この「塩キャラメル発信論(笑)」を貫く勇気はもてていません。

 

でもいっそこっちに振り切れてみようかなーと思う・・・

今日この頃でした。