〜making an eyelid having a fold 〜二重をつくる一重の記録

金沢大学修士2年物質化学専攻。#有機化学 #国際協力 #ソーシャルビジネス #双極性障害 #休学 #パラレルキャリア

持論 -成長意欲人材にとっての『サプリメント』は『挑戦』?

f:id:futafuta0637:20171206013351j:plain

こんにちは。

最近行動すればするほど虚無感が大きくなる感じがしてました。

武者生でもなんでもないけど、

前田塾合宿に参加して、株式会社旅武者の山口和也さんの講演を聞いて

なんとなくその原因がわかったので整理します。

 

言いたいことは「挑戦」は「サプリメント

 

これを聞いてわかるーと思った人は結構やばいです(笑

そんな一般には意味分からんであろう持論説明していきます。

 

  

まずはここ最近何をやってきたかについて。

僕は東京での休学期間を終えてからは主に研究をしながら、

金沢でネットワーク作りに励んでいました。

 

第一の優先事項は化学を学ぶこと。

まあ今、ブログ記事書いて遊んだりもしてますが、

基本は化学のお勉強を平日夜にしています。

でも化学だけだと気が持たないので

自分のモチベーションを上げてくれるような意欲的な話を人としたいということもあり

休日は金沢近辺でのネットワーク作りに当てています。

具体的には

自分の関心分野の社会人の方と会ってみたり、

関心のある国際協力系のイベントやアウトプットのできる就活系のイベントに

めちゃくちゃ参加してます。

 

社会人に合うことに関しては、毎回いろんな示唆をもらうことができて、

実際満足しています。

(聞きたいことがまとまらなくて申し訳なく思うこともあり、毎回反省しますが)

 

でも、イベント参加に関してはぶっちゃけ虚無感しかないです。

その場では確かに楽しいし、ネットワークは確実に広げられているのですが、

なんか違う気がするー感が大きいです。

というかネットワーク広げられているようで、その場かぎりで終わってしまうことにも

フラストレーション貯めてます。

 

『虚無感』 

絶賛フィーバー状態です!!

 

 

そして今回その原因の一つはきっと

『挑戦不足』にあるということが発覚しました!!

 

12月2-3日大阪での前田塾合宿に参加しました。

f:id:futafuta0637:20171206013659j:plain

研修施設に軟禁され(?)、ひたすら経営、会計、金融の知識やExcelなどのスキルを学び、昼間は講義。夜は自習。睡眠時間は2時間。

最後の口頭試問のプレッシャーを感じながら、膨大な量の知識を頭にねじ込む。

(*こんな書き方してますが、最高のプログラムです)

 

そんな明らかなハードなところに身を置いて、大変な思いをして、

そしてふと気付いたんです。

 

『あれっ、なんか充実してる』 と。

 

どうやら自分は追い詰められている時、辛さを感じてる時に、同時に充実感を感じるらしいです(笑

 

思い返してみれば充実していた時は

トビタテ生でもないのにトビタテのイベントの企画に挑戦した時だったり、

起業家を招いてワークライフバランスのイベントの企画に挑戦した時だったり、

休学中東京でインターン先の事業報告会の準備をたった2人で挑戦した時だったり、

所属するNPOの学生向けイベントを提案から企画まで挑戦した時だったり、

コンサルの研修でゴールの見えない課題にチームで挑戦した時だったり、

 

充実している時は全て追い詰められていました。

そして挑戦していました。

 

そして最近は挑戦が不足しています。

 

人のイベントに客として参加しても、

実際に『実践』のための行動があまり起こせていないのに将来の夢を語っても

(実践として化学は学んでますが)

人と話してなんか学んだ気になっても、

 

『実践』することで得られるものに全然及ばないし、

実際自分がムーブメントの中にいるのと外部からそれを見るのでは刺激が全然違くて

なんか虚しく感じる。

 

これが虚無感の要因でした。

 

今は研究に専念したいので何か大きな挑戦をしようという気はさらさらないのですが、

それでも自分にとって『挑戦』はサプリメント的なもので重要なものということがわかりました。

 

挑戦=サプリメント

 

こんなこと言ってめちゃ自分に対してハードル上げてしまっとる。

そんな後悔もしてますが、この持論に恥じない生き方したいですね。

 

 

以上です。ありがとうございました。