悩む。いろいろ悩む。たまに病む。

金沢大学修士2年物質化学専攻。#有機化学 #国際協力 #ソーシャルビジネス #双極性障害 #休学 #パラレルキャリア

金沢の武者修行生の拡散法がとってもありがたいので思ったことをつらつら

f:id:futafuta0637:20180920190700p:plain

こんにちは。

最近金沢で勢力を増している学生の集まり。

それが武者修行生です。

 

ベトナムホイアンで2週間ほどビジネスインターンプログラム

を経験した学生たちです。

ちなみに僕は武者は全然関係ない人です笑。

 

武者修行はインターンプログラムの質の高さから

参加した人の満足度が異様に高いらしいです。

そして、武者修行プログラムのファンとなり、

コミュニティーを形成し、

自分の地域にプログラムを口伝えで広めていきます。

 

このコミュニティー化と拡散の仕組み結構流行っている?

と個人的には思ってます。

 

 

『武者修行』の他にも『トビタテ』や『タイモブ』も近い仕組みな気がしてます。

 

で、

僕は武者修行プログラムは

今学生界隈でもっとも勢いがある団体だと思っていて、

その理由を無責任かつ、浅はかな思考で考えてみたところ、

 

「仕事化とその仕組み化ができている」ことが成功の秘訣なのかなと思いました。

 

武者修行プログラムの経験者の一部、コアな学生は

インターンから帰国後、日本国内で武者インターンとして

プログラム拡散の業務をしています。

 

詳しい内容は知らないんですけど

拡散業務を「仕事」として認識させることによって、

なんとなく義務感とか課題解決マインドをもたせることに成功している気がします。

 

全国統括とか地方統括とか組織もしっかり作ってるみたいで、

フォローにも相当力を入れているように感じていれ、

組織体制をしっかり整えていることも要因だと考えてます。

 

一方、

トビタテのエバンジェリスト活動(拡散活動)もとても似ています。

各大学にブランドマネージャーを設置し、ある意味、お仕事化させています。

ただこちらは金沢ではあまりうまく行っている印象がありません。

 

これなんでなんだろうと思いますが、

・数が多すぎてまとめきれない

文科省の組織のため柔軟性に欠ける

・組織基盤がしっかりしてない

この辺が理由なのかな?と思ってます。

 

ただ、アクティブで影響力のある『力』を持った学生がいるかいないかの差

でしかないのかもしれません。

 

はい。

謎の前置き終了。

ここから本題です。(ここまで約1000文字)

 

一応この記事の目的、金沢の武者生に感謝を表すことです。
武者のインターン生はとてもありがたい存在なんです!!

 

というのも

金沢の武者生はプログラムを広めるだけでなくて、

イベントを企画し、講師を武者コミュニティーから金沢に呼び、

たびたび学生に機会の提供をしてくれています。

 

戦略の一貫なんでしょうけど、これが本当にありがたい。

 

おそらく一部の意欲のある学生にしか届いてないとは思うんですけど、

僕はこのたびたび開かれる武者関連イベントで知見を広げることができています。

 

 

この地域還元型拡散法は

武者側にと地域の学生側の双方にメリットがあっていいなーと思います。

拡散する武者生の方々は大変だと思いますが。

 

トビタテの活動にもこの地方還元型拡散を取り入れたいなーと思いました。

 

以上。ありがとうございました。

 

過去と今、これからについて考えてみた

f:id:futafuta0637:20180910193148p:plain

<過去と今、これから>

人と人の繋がりが強いが、モノはなく不便だったー高度経済成長以前

人と人の繋がりが弱まり、便利な生活を作るモノ、カネの力が増したー高度経済成長期

人と人の繋がりがほぼ弱まり、モノ・カネが満たされ不便を感じなくなったー2000年代

失った繋がりを求め出し、コミュニティを生まれ出し、物欲も薄れ出したー現在

 

モノやカネとった有形財産の価値は時間軸と共に凸の曲線を描き、

繋がりや信頼といった無形財産の価値は時間軸と共に凹の曲線を描く。

 

モノの重要性が増し始めた高度経済成長期にかけては、ハード・マテリアル全盛時代

より便利さを求め出した一方で繋がりの大事さま再認識しだした現在はソフト・情報全盛時代の終わり際。

便利さが特異点に到達した社会になると

精神的充足間が重要になって、結果、経験・アートといったアクティビティー・体験全盛時代が来る。

 

そんなことを考えました。

 

続けます。

 

その中で途上国の今を考えます。

 

ちなみにソフト・情報時代の時代の勢力は増して、

時間軸の中でより早くピークがくるような変化はあるとは思いますが、

今回はそこは無視します。

 

きっとこの辺です。

f:id:futafuta0637:20180910195354p:plain

繋がりや信頼みたいな無形財産が大事にされる社会がリモートエリアには広がっていて

一方で、都市では無形財産の重要性が薄れて、有形財産の重要度が増してきているイメージ。

 

そんなハード・マテリアル全盛時代アクティビティー・体験全盛時代の考えを持った『ものづくりメーカー』が入っていたらどうなるんでしょうか?

 

ハード・マテリアル全盛時代の思想に飲まれるか、

ハードマテリアル全盛時代の思想に抗い、思想を変える

の2択になるんじゃないかと思いました。

といっても同時多発的にそんな『ものづくりメーカー』が存在しないと②はまず起こらないと思います。

 

でも、もし②が起きたらどうなるか考えてみました。

きっとこうなるんじゃないかと思います。

f:id:futafuta0637:20180910200848p:plain

有形財産の凸のグラフの変化がゆるやかになり、

無形財産の凹のグラフの変化もゆるやかになると思います。

 

モノ・カネに依存せず、人と人の信頼みたいなものが一定の重要性をもったまま

進歩する社会。

 

イメージはこんなことしたいなーと思いましたー。

 

以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

夢は叶えるためにあるというよりは、幸せになるためにある。

f:id:futafuta0637:20180908192309p:plain

 

こんにちは。

謎に怒りをぶつけてみました。

が、これ特定の人に言っている訳ではありません。

自分に言ってます。

 

最近、やりたいこと何ですか?って聞かれるの嫌だったんですよね。

だって十中八九、実現、無理でしょみたいに言われるから。

自分としてもあくまでできたら良いなー程度にしか思ってないので、

ガチレスで無理無理言われても、

具体的に描けてないし、仮目標ぐらいだから。

そんなに熱を帯びて否定されても困る・・・・・

 

と思ってしまう訳です。

(でもちょっと抵抗しちゃう自分もいますけど。)

 

だから、この質問あまり好きじゃありませんでした。

 

 

参考までに。

化学の分野で、国際協力チックなことをしたいと思ってます。

住友化学の殺虫剤が練りこまれた蚊帳とか

関西ペイントの虫寄せ付けない塗料とか

日本ポリグルの汚い水のゴミを凝集させて、飲み水にできる薬剤とか

そんな感じのイメージです。

化学技術を使って、途上国に貢献したい!

これは言ってしまえば、

なんとなく化学を学んで、面白いなーと思っているのと

貢献性を感じられる国際協力いいなーと思っているのを

単純に掛け合わせしてる感じで、深い意味はありません。

 

実際開発費もまあまあかかる開発の分野で、

そこまで売り上げが見込めない途上国分野。

異国で、距離的に遠く、不確定要素も多い訳で

途上国で必要なものは他にあるだろうという話もすごくすごく頷けます。

 

が、しかし

 

ここで思った。

自分は幸せになるために夢を持っている派だと。

 

夢は叶えるためのものという考えも賛成だけど、

それよりも夢を手段にして幸せになりたい!という考えの方が強い。

だから極論叶わなくても良い。

今の夢を追っている過程で、他に面白そうな夢見つけてそっちに乗り換えてもいいし

計らずも希望しない部署に飛ばされて、以外と楽しいでも全然いい。

要は幸せを感じられればそれでいい。

 

夢持ってると、とりあえずそれに向かって動くモチベーションが持てる。

行動量が高まる。

結果、『偶然』良い方向に行く可能性も高まる。

 

そんな計画的偶発性ライフで幸せを手にしたい。

 

これを前提に考えたら、

『あなたのやりたいことは何ですか?』

の質問にも前向きに答えられそうです。

 

と、今日はそんな発見をしました。

 

以上。

ありがとうございました。

 

 

偏差値を高めることはmustじゃなくてbetterなだけ

f:id:futafuta0637:20180907004535p:plain

こんにちは。

 

高校生の可能性について考える機会があって、

その時に思ったことがあったので

そのシェアです。

 

当然のようにしていた勉強って

なんのためにしたんだろうと今になって度々思うことがあります。

 

周りに高卒でも、(なんなら高校中退でも)

良い大学を卒業してる人よりもお金を稼いでいたり

楽しそうに生活している人が度々現れるからです。

 

当時は偏差値を上げるのは、希望の大学に行きたいからであったのだけど、

大学行ってやりたいことがあったわけでもなかったし、

頭の良い大学=カッコイイって理由でしかなかったです。

 

というわけで

今日は『高校生』の勉強について考えます。

 

ーーーーーーーーー

目次

①リスクについて

②リスクを下げること=偏差値を高めること

③期待リターンを高めること=経験値を高めること

④これからはこうなってほしい!!(希望)

ーーーーーーーーー

 

 

1・リスクについて

話の前置きです。

某若手社会人向けビジネス塾(前田塾)からの資料転載です。

f:id:futafuta0637:20180907005920p:plain

 

というわけでリスクって何ですか?

僕が習ったことを言えば、リスク=不確実性だそうです。

 

f:id:futafuta0637:20180907010228p:plain

どうなるか分からないわー

不安だわー

というのがリスク。

 

あと、リスクを取れれば、それだけ高いリターンが得られ傾向があります。

それだけ失敗したときの損失も大きくなります。

その例がこちら。

 

f:id:futafuta0637:20180907010601p:plain

 

横軸が左に行くほど、リスクが下がり

縦軸が上に行くほど、期待リターンが上がってます。

 

 

2.リスクを下げること=偏差値を高めること

本題です。

そもそもの勉強をすることの目的は

『生きていくために必要な教養を身につけること』だと思いますが、

高校生の勉強の目的は

『偏差値を高めること』の傾向が強いと感じます。

 

『偏差値を高めること』

→良い大学に行ける可能性を高める

→良い大学に行くと、良い会社に入れる可能性を高められる

→良い会社に入れると、安定的にそれなりの収入を得られる可能性を高められる

→安定的な収入が見込めると、人生設計がしやすくなる。

 

つまり、とりあえず安心して生きていける可能性を高めることができる。と言えます。

偏差値を高めることで将来の不確実性を下げる。説を提唱したいです。

 

f:id:futafuta0637:20180907012205p:plain

 

 

3.期待リターンを高めること=経験値を高めること

偏差値を高めることはリスクヘッジの要素が強いと僕は思ってます。

 

将来の期待を高めてくれるものは

『経験』だと思います。

 

たくさんの経験をして、

自分の視野や興味関心の幅を広めて、

なんとなく自分の興味の持てるものを見つけて、

やってみる。

 

例えば、『留学』とか『企業インターン』とか『地方留学』とか『旅』とかです。

 

経験によって自分が身につけたいスキルがなんとなくわかり、

モチベーションをアップさせ、

逆にいらないスキルを断捨離させます。

『経験は将来の自身の期待リターンを高める』説を提唱したいです。

f:id:futafuta0637:20180907020024p:plain

 

 

 

④これからはこうなってほしい!!(希望)

もっと『経験』の重要性が増して欲しいです。

 

理想を言えば、

偏差値も経験値もを高められば良いです。

でも偏差値は誰でもあげれるものではないです。

(そもそも統計だから全員上がることはありえない)

 

だから、偏差値有利な社会から、経験値有利な社会に変わって欲しいです。

 

実際、
AIの台頭、雇用形態の変化、お金の価値の希薄化とかで(よう知らんけど笑)

社会が変わっていって

偏差値を高めることで下げるられるリスクの程度が小さくなっていくだろうと思います。一方で若い時の経験から自分の軸を早い段階で見つけ、牙を磨いた者は

周りと差別化できるスキルを手にし、生き抜くすべを手にできる可能性を高めることができるとも思います。

 

とはいえ、良い大学にはそれなりに良い情報、機会が集まってくるので、

良い経験を積むために良い大学を目指す。

結果偏差値を意識するというのはあるかもなーと思います。

 

 

・おまけ

農業高校とか工業高校とかももっと存在感出てくるといいなーと思います。

中途半端な偏差値の進学校より、
自分の将来関わりたい分野を決めることができて、
実経験もつめるような専門性のある学校の方が可能性を感じてしまいます。

学校行かないでリスクとって、経験を積むのも他人事ですが、面白いと思います。

こういうところから、社会を動かせる人が増えて欲しいです。
偏差値偏重、エリート重視の社会が変わっていきそうでワクワクできます。

 

以上。

ありがとうございました。

個人的に信頼できる人の共通点。まとめ。

f:id:futafuta0637:20180903235942p:plain

こんにちは。

 

僕は結構今まで人の信頼は長年付き合うことにより生まれるものだと思ってきました。

が、人によっても会って間もなくても信頼できる人もいたりしていて・・・

時間が信頼を作る側面もあるけれど、

それだけじゃないなと。

まあ言ってしまえば相性なんでしょうけど。

 

というわけで

なんとなく僕が重視している人に対する『信頼の基準』をまとめます。

(そんなにいつもいつも意識はしてないです笑)

ーーーーーーーー

①否定の仕方

②レスの仕方

③依頼に対する対応

おまけ:個人的信頼と人脈の作り方

ーーーーーーーー

 

① 否定の仕方

学生の僕らが考えるやりたいことは、結構無理があることが多くて、

人からみれば、「現実を見た方が良い」ものが多いと思います。

そういう時の否定の仕方は結構人が出ます。

 

最悪:何も知らないで、人のやりたいことを否定する人

→その時点で切ります。笑

普通:いろいろ情報を与えた上で、なんでダメなのかを提示して否定する人。

→知らない情報をくれるありがたい存在。

良い:どこが問題なのかを提示+その問題の解決策を一緒に考えてくれる人。

→こういう人は即信頼します。

:どこが問題なのかを提示+一緒に考える+少し行動もしてくれる

→ここまでくると、拝み出します笑

 

②レスの仕方

人に連絡する時って、相手の対応を考えて、連絡とってます。

くだらないことでも、大事なことでもすぐやりとりができると嬉しいです。

(自分は即レス歓迎派ですが、そこは人によるかと思います。)

 

最悪:連絡を返さない

:連絡を帰ってくるのが3日以上かかる。

良い:だいたいコンスタントに5時間ぐらいで連絡が帰ってくる。

:なぜかいつも即レス。

 

連絡をもらう側として

その人が自分に対して時間を使ってくれていることを自覚して、ストレスのない対応を心がけてくれる人はすごく信頼できます。

 

③依頼に対する対応

情報のシェアや、告知の協力、困った時の送迎依頼や、その他緊急の頼みごと。

基本頼まれる側は手間ではあるんですが、この対応は面白いほど人によって違います。

普通:無視、適当に返信

→頼んでいるのがこっちなので無視もやむなしです。これが普通。

:コンスタントに全力対応。難しくてもできない理由を言ってくれる。

→これできる人はかなり珍しいです。まさに神!

 

*依頼をする時は頼む側は協力してくれた人にしっかり報告しましょう。

例)イベント告知依頼であれば、協力してくれた人へのイベント開催の感謝の報告など

 

 

おまけ:個人的信頼と人脈の作り方

依頼をうけるのは、正直めんどくさいものもありますが、

信頼を感じてもらえている証拠です。

また、依頼する側は基本期待しないで依頼をしていることが多いので、ここで行動できれば相手の想定を上回る行動をすることが簡単にできます。

僕はこういうの『信頼獲得チャンス』だと思ってます。

 

A君の依頼を全力でこなせば、次からA君は協力してもらえやすくなる。

他のB君の依頼がきた時 ー A君の協力+全力対応(B君の信頼を獲得)

さらにC君から依頼がきた時 ー A君、B君の協力+全力対応。(C君の信頼を獲得)

さらにD君から依頼がきた時 ー A君、B君、C君の協力+全力対応(D君の信頼を獲得)

これを続ければ、だんだん相手の依頼に答えられるキャパとアクティブに対応してもらえる拠り所が増えていき、多くの信頼と人脈をきっと確立できます。(できると思ってます)

 

以上。

ありがとうございました。

 

 

 

コミュ力の高いコミュニティー

f:id:futafuta0637:20180830082752p:plain

こんにちは。

コミュ力の高さに感動してます。

 

コミュニティーの力。

通称コミュ力

同じコミュニティーに属しているということだけ

人をどれだけ信頼できるか。

その人のためにどこまで行動できるか?

 

 

最近は宗教の勉強をかねてキリスト教の亜種?

末日聖徒イエス・キリスト教会

通称モルモン教の教会にたぶたび通って、お話を聞いています。

 

『天のお父様が何を考えているか私たちで考えてみましょう!』

モルモン教の教えはジョセフ=スミスが森の中でキリストと天のお父様の声を聞いて本当の汚れのない真実を聞いたことから始まったんだよ』

f:id:futafuta0637:20180830013015j:plain

 

『あなたも教えを全うすれば天のお父様の声が聞こえるようになるよ!』

『○○兄弟』『○○姉妹』『○○長老』などの呼び方。

 

繰り広げられる手加減なしの宗教トークには正直ついていけませんが、

この教会の人たちは概ね

他の人の為を思って、互いに信頼して行動している

と感じられました。

 

同じ所属であるということで信頼性を担保できる。

同じ所属であるということでで互いが互いを裏切らないと信じられる。

これこそがコミュニティーのあるべき姿なのかなと思いました。

 

モルモン教徒は収入の10パーセントを教会に献金するらしいと

wiki先生は教えてくれました。

末日聖徒イエス・キリスト教会 - Wikipedia

f:id:futafuta0637:20180830013942p:plain

 

これはヤバイわーと思いました。

 

でも僕にいろいろなことを教えてくれるモルモン教徒の方は

ここで繋がる信頼のおける人脈は

生活、仕事にも繋がっているのだと教えてくれました。

アメリカにはこの宗教由来の全米TOP100に入る優秀な大学があったりするそうで、

知らない土地、異国の地でも教会のつながりで信頼できるつながりを作ることができるそうで、

生活の補助や時には人脈が仕事に結びつくこともあるそうで、

得られる機会をはじめとしたメリットは決して少なくないなと感じました。

 

彼らは教会の仲間を全ての家族と考えています。

家族はお互いの利益・損得勘定を介さずに、その人の為を思って行動できるコミュニティーです。

 

改宗するつもりはさらさらありませんが、

そもそも自分は何教徒なのか知りませんが、

新興宗教=怪しいとされる日本社会の風潮と実態にはギャップがあるなと感じました。

 

そんなコミュ力

最近僕も高いコミュ力を持った組織に入っていることを実感しました。

それが

トビタテ留学JAPANのコミュニティーです。

又の名をトビタテ教とも言います。

こんな感じの宗教です笑

f:id:futafuta0637:20180830014631p:plain

 

先日もお伝えしましたが、

ただいまトビタテ留学の受け入れ先が見つからず、

せっかく獲得したトビタテ奨学金制度の辞退の危機にひんしています。

結構な大ピンチです。

 

この状況で、インターンを依頼した企業の中にトビタテ生がいらっしゃり、

同じトビタテであるという理由だけで

見ず知らずの僕をサポートしてくれたり、

 

『受け入れ先が見つからない。やばい。辞退かも・・・』

と気が進まないからブログの奥底にあえて、見つけづら〜く書いたブログ。

それを添付したfacebook投稿を読んでくれた、トビタテ生が(一度一緒にご飯を食べただけの方)

心配して電話をかけてくれて、対応策を考えてくれたりと、

 

同じトビタテというコミュティーに属する人というだけで

親身になった対応をしてくれました。

 

もちろん、全員が全員というわけではないし、

中にはこの人とは会いたくなくないなという人もいるのは事実ですが、

このコミュニティーに本気で感動しました。

 

このコミュ力の高いコミュニティーに何としても残りたい!!

トビタテファミリーの一員でありたい。

トビタテ教徒でありたい。

 

そう思いました。

 

意欲を補充してくれた皆々さまに感謝します。

この1ヶ月悔いのないものにします。

 

以上ありがとうございました。

 

 

人生の大事なものはどん底に落ちていると本に書いてあった。

f:id:futafuta0637:20180828000305p:plain

こんにちは。

何気なく手に取った本に表題のことが書いてありました。

「人生の大事なことはどん底に落ちている」と。

 

うつ病どん底で確かに大事なことは過去に見つけました。

ちなみに今は薄暗闇ぐらいです。

 

ただ、留学がポシャりそうなうです。

正確にいうと、トビタテでの留学がポシャりそうな感じです。

限りなく赤信号に近い黄色信号というところでしょうか。

 

受け入れ機関が見つからない問題発生中です。

渡航予定2ヶ月きってます。

 

自団体のNPOでの留学がトビタテの規格的にあてはまらなくて

新たに探さなくては行けなくなって、

インターン選考を受けたものの、

これは自分の問題ですが、

準備が不十分だったり、単純な力不足だったり、期間が3ヶ月で短いなど、

なかなか上手くいかないです。

 

もしかしたら、2ヶ月あるんだから全然やばくないだろ!

と思う人もいるかもしれませんが、

経験がないのでかなりやばいと思っています。

 

そんなわけで、まだ可能性がなくなったわけではありませんが、

受け入れ期間が見つからなかった場合の対応策を考え始めています。

 

【対応策その①】

自費(というか親のお金)でアフリカに強行渡航

現時点で自団体NPOには安全を保証できる家がないため、

スワヒリ語の語学学校に入って、午後とか空いた時間にNPOの活動をやるイメージです。

安く見積もっても、語学学校代+学生寮渡航費+生活費で

3ヶ月60万円以上はかかります。

それに加えて、トビタテもらうために卒業時期伸ばしているので

半年分の学費も余分な費用として発生します。

ただ当初から思っていたやりたいことができます。

 

 

【対応策その②】

留学行く行く詐欺からの研究継続パターン。

一番お金がかからない。

そして、今少し研究が面白くなってきたところであったりします。

割と結果も出てきて、やりたいこともあるにはあります。

論文自分で書くこと目標に3ヶ月頑張ってみるのもありかもしれないなーと・・・

 

【対応策その③】

留学行く行く詐欺からの金沢でのインターンまたは国内インターン

見つかるかわからないけど、

人づてとかでインターンできたら、学生の3ヶ月は少なくとも有意義に使えるのでは?

あまり今は考えていないけど。

 

 

とはいえ、どれも釈然としない。

可能性の薄めなトビタテ継続を信じて準備頑張りますー。

 

本当に自分バカだなーと実感する日々です。

そんな薄暗闇な今の日々からきらめくコインが見つかることを信じて・・

 

 

以上。お久しぶりです笑

ありがとうございました。